ノート

SALONIAストレートヒートブラシで時短!5分で自然なストレートヘアができちゃった

SALONIAストレートヒートブラシアイキャッチ

まずはこちらをご覧ください。

いちか
いちか
これ、わたしの襟足、内側です
もうね、クルンクルン・・

ご覧の通りの天然パーマですので、ストレートパーマを長年かけていて、そのストレートパーマがとれてくるとたちまちクルンクルンに元通り。

写真を撮った当時(2019年6月上旬)肩から5㎝ほど長い状態でしたが、肩より短く見えますよね、これ。

それでなくても時間のない朝に、髪をどうにかしなきゃって思う時間のストレスときたら・・・

そんなわたしの救世主SALONIAストレートヒートブラシと出会ったのは、半月ほど前のことです。

SALONIAストレートヒートブラシ

たまたま行ったドンキで見本を見かけ、それほど高価というわけでもなかったのだけど、その時は手が出ず・・でも、やっぱり気になってモヤモヤしたまま帰宅。

いちか
いちか
帰宅後も気になっちゃって、やっぱり買うことにしてネットでポチっと・・

そんなこんなでわが家にやってきたヒートブラシを使ってみると

いちか
いちか
朝のストレスが劇的に減ったの!ていうかノーストレス!!
これは、寝ぐせや天パに悩む方と情報を共有したい!!

と、一瞬で虜に(笑)

朝のスタイリングがノーストレスになったっていうのは、わたしにとっては事件ですよ!!

というわけで、SALONIAストレートヒートブラシを使ってみた話、書いていきます!

 

 

 

SALONIAストレートヒートブラシってどんなもの?

SALONIAストレートヒートブラシ

一言でいうと『ブラシ型のヘアアイロン』です。

いちか
いちか
見たまんまだね(笑)

ブラシのように髪をとかすだけで、ストレートヘアが実現できるという代物。

SALONIAって聞き覚えのないブランドの家電なので大丈夫かな?と不安になり調べてみたら、日本の会社ですね。

式会社I-neの髪に関する家電(ヘアアイロンやドライヤー)などを扱うブランドみたい。比較的リーズナブルな価格帯のアイロンが多い印象ですね。

いちか
いちか
芸能人御用達のBOTANIST(シャンプなど)やskinvill(スキンケア、ホットクレンジングが有名)と同じ会社っていうと伝わるかな?

比較的新しいブランドなので馴染みがないかもしれませんが、安心して大丈夫かと。

 

SALONIAストレートヒートブラシを使ってみる!

まずはbeforeを見ていただきます。写真撮影したのは2019.6上旬。

SALONIAストレートヒートブラシ使用前

これは、朝起きて、きぃチャン(夫)やキィくん(長男)のお弁当を作り終えて、自分の身支度をしようと鏡を見たときの髪の状態ですね。

いちか
いちか
うねり方がハンパないよ、これ

この状態をまっすぐキレイなストレートに整えようと思ったら、ストレートアイロンで10分以上はかかるんです。いや、下手したら20分以上かかっちゃいます。

が、SALONIAストレートヒートブラシを使えばそんなに時間はかかりません!5分で終わっちゃいます!!

 

電源を入れて温度設定

操作はいたって簡単!

  1. 電源コードをコンセントに差し込む
  2. 電源を入れる
  3. 温度設定をする
  4. 髪をとかす

これだけです。

電源ボタンを長押しすると、表示窓に温度が表示され、100℃~210℃まで設定できます。

SALONIAストレートヒートブラシ

設定温度まで到達するまでは点滅していますが、到達すると点灯に変わる仕様です。

誤操作で温度が変わってしまわないようにボタンロック機能が付いていて
電源ボタンを2回連続で押すとボタンロック、解除も電源ボタンを2回連続です

 

使用する温度にまで到達したら、あとは髪をとかす要領でまっすぐにしていきます。

設定温度をビビッて低温にしてしまうと、まっすぐになりにくいので思い切って高温に設定してみるといいでしょう。

※ちなみに・・わたしは190℃くらいにして使用しています。

 

5分ほどかけてヒートブラシを使用したafterがこちらです。

いちか
いちか
まっすぐでしょ?自然でしょ?これで5分ですよ!!

はじめて使ったときから、わぁ!って声にだして浮かれちゃうくらいにキレイなストレートになりました!ブラシのようにとかすだけでこれができたら、すごい楽です。

 

自然で艶やかなストレートヘアを作る5つのコツ

  • 熱から守るミストなどで髪を保護する
  • ブラシ部分を内側に向けて普通にとかす
  • ブラシ部分を外側に向けて、内側からとかす
  • 面倒でも大まかなブロッキングをする
  • ドライヤーの冷風と手ぐしで艶出しとまっすぐを決める

この5つがSALONIAストレートヒートブラシで自然で艶のあるストレートヘアを作るコツです!

熱から守るミストなどで髪を保護する

高温のアイロンは、どうしても髪を痛めてしまう可能性が高いです。事前にアイロンの熱から髪を守る処置をしておきましょう。

ブラシの根本部分にマイナスイオンが放出されるところがあって、マイナスイオンが髪を保護して、美しく仕上げる仕様になっているものの、やっぱり痛むのはイヤなものですよね。

痛みを防いでスタイリングしやすくするために、わたしが使用しているのはこちらです。

サロンスタイルのトリートメントシャワー。

ドラッグストアでお手頃なうえに、無香料だったのと、高温から守る成分配合って書いてあったことが、これを選んだ決め手です。

いちか
いちか
匂いがきついの苦手なので無香料はありがたい

ヒートブラシを使う前に、痛みやすい毛先を中心に、癖が強く出ていてたくさん熱を当てたいところを重視して髪全体にミストしておきます。

 

 

とかすときブラシの向きを使い分ける

ここも大事なポイントです!!

普通にブラシでとかすなら、ブラシ部分を頭の方に向けてとかしますよね。

もちろん、この方法もまっすぐになります。

でも、それに加えてブラシを頭とは反対側に向けて、髪の内側からとかすとよりまっすぐになります。

いちか
いちか
普通にとかすだけだと、外はね状態になりがちですが
反対に向けて内側からとかすと、内巻きっぽくできますよ!

 

面倒でも大まかにブロッキングを

ブロッキングをすると、よりうまくいきます。

ちょっと面倒だし、細かくブロッキングする必要はないけれど、ストレートにするのも楽になるので、ブロッキングはぜひやってみてください。

いちか
いちか
急がば回れ!大まかなブロッキングは
早く仕上げるための近道です!

慣れて、必要ないなぁと思う日まで、大まかなブロッキングはおすすめです。

ドライヤーの冷風と手ぐしで仕上げ

ヒートブラシで高温になった髪をそのままにしておくと、肩に当たったり耳の形だったり、変な癖がついてしまう可能性があります。

いちか
いちか
これが厄介なんですよねぇ…
せっかくまっすぐにしたのにって悲しくなるパターンのやつ

これを防ぐために、ドライヤーの冷風を当てて髪の熱を冷まして、ヒートブラシで作ったストレートをキープできるようにします。

このとき、手ぐしでとかしながら冷風を当てると、自然な艶がでてきます。

いちか
いちか
この作業も面倒かもしれないけど、自然で艶のあるストレートヘアにするためのひと手間!

SALONIAストレートヒートブラシはショートには向かない?

ブラシ部分が大きいので、慣れるまで時間がかかるかもしれないなぁと思います。

でも、ショートでも十分に使えると思うし、根気よく練習すればショートでも楽に使えるようになるはずです。

2019.6.30現在のわたしは、肩の長さの重めなボブです。

わたしの直感では、あごのラインまで切っても使えるなって思いますね。

それより短くしてしまったら、慣れるのに時間かかるかもという印象です。でも、そこまで短くするとするとストレートとは違うアレンジをするんじゃないかなと感じています。

絶対使えないというわけではないので、購入前にドンキや家電量販店なんかで見本を見て触って、自分の髪で使えるか確認してから購入する方が安心かな。

いちか
いちか
電気屋さんで買うのとネットで買うのと、どっちがお得かも見極められるしね!

 

SALONIAストレートヒートブラシおすすめです!

SALONIAストレートヒートブラシを使ってみた感想や体験を書いてきました。

いちか
いちか
気持ちのままに書きなぐったので伝わりにくかったらすみません

でもでも、控えめに言ってもおすすめのヒートブラシなんです。SALONIAストレートヒートブラシ!

公式には2分でストレートになるよって書いてあるけれど、さすがに2分は無理・・わたしくらいの髪の量と長さなら5分で仕上がります。

10分、20分とストレートアイロンで格闘していた時に比べたら、かなりの時短。

寝ぐせのこと、天然パーマのことを気にしないで朝を迎えられるというのが本当にありがたいことです。

いちか
いちか
わたしと同じように『自然なまっすぐになりたいのに、時間がないし構ってられない!』なんて悩んでいる方には一度試してもらいたい逸品ですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!